blog index

NRC自然療法研究所ブログ【ハルモニエ】

【蘇生】【共生】【育生】
人が本来持っている「自然治癒力」を高め、自然とバランスよく生きるための「自然療法」を皆様と共に学んでいきます!
セラピースクール「シーズ(Seeds)」にて、セミナーやワークショップを開催しています。
<< 今年の夏至、いよいよ明日6月21日(火)に迎えます【夏至のお日さまに感謝しよう♪プロジェクト2016】 | main | 【7月のこよみ 伝統行事 月の運行】【7月のセミナー/ワークショップ】 >>
奇跡の連続!NRCフランス研修旅行
0

    奇跡の連続!フランス研修旅行

     

     

    613日よりフランスの聖地を巡る研修旅行へ行き、23日に無事帰国しました。

    多くの生徒さんたちと聖地で祈ることができ、本当に意義深い研修となりました。

     

     

    フランス到着後真っ先に、マリアたちがやってきたという海岸へ!

    3年前、エジプトのアレキサンドリアで「3年後に行くからね〜」と海の向こうに手を振りました。

    その予告通り、やってきたのがサントマリー・ド・ラ・メール。

    裸足になって海に入り、禊をしたら旅のスタートです!

     

     

    宿泊はサン・マクシマムに連泊しましたが、ここは滅多に日本人が来ない町です。

    しかし、知る人ぞ知る、マグダラのマリアの遺骨が眠る教会があるのです!

    私たちはその教会に併設された修道院を改築したホテルに泊まりました。

    お参りするにもとても便利でした。

    そして、今回の研修旅行の目玉の1つ、マグダラのマリアが修行した洞窟へ。

    予報では雷雨とされていましたが、幸い洞窟へ向かう道中は雨が上がりました!

    偶然にもミサの時間と重なったのですが、参列を快く受け入れてくださいました!

    皆、思い思いに祈ることができました。

     

     

    タロットを学んでいる方にとって、そのルーツであるマルセイユの街はとても大事です。

    サン・ヴィクトール寺院にはエジプトからやってきた修道僧が地下のクリプトに眠っています。

    タロットの発祥にはいろいろな説がありますが、エジプト発祥説の鍵はこのクリプトにあります!

    そして、30分ほどの自由時間、勘を頼りに女神の聖地を訪ねましたが、確かにディアナの聖地が存在しました!

    マルセイユは女神がたくさん祀られてた都市でした。

     

     

    マルセイユからバスで移動すること約5時間、ル・ピュイに来る日本人はそう多くありません。

    ル・ピュイは中世からキリスト教の巡礼路である「サン・ジャックの道」の始発の街として栄えました。

    しかし、フランスがかつてガリアと呼ばれた古代では、ここは女神崇拝や巨石崇拝の聖地でした。

    現在、フランス聖母像が置かれて観光地化したコルネイユの岩山は、実はこのエリアのセンターであることを確認しました。

    そして、生徒さんたちと恒久の聖地存続を祈りましたが、その途端、虹が目の前にあらわれて、大喜びしました!

     

     

    リヨンも古代から女神の聖地ということで、時間をとってゆっくり回りたい街です。

    リヨンから高速鉄道TGVでパリに入りました。

    パリに入ってからも雨が降り、時にゲリラ豪雨にも見舞われました。

    しかし、この日、どうしても夕日が見たかったのです。

    凱旋門からコンコルド広場までが、かの有名なシャンゼリゼ通りです。

    コンコルド広場には1本のオベリスクが立っています。

    本来オベリスクは2本で一対のもの、実は、もう1本はエジプトのルクソール神殿にあります。

    3年前、ルクソール神殿でその片方を見ましたので、今回やっと揃ったわけです。

    日没前、シャンゼリゼ通りを歩き、オベリスクのあるコンコルド広場を目指しました。

    そのころには雨が上がり、陽がさしていました。

    そして、凱旋門の少し上に太陽があるのを確認しました!

    どうやらパリの街は、太陽の運行を考慮して都市計画が行われた可能性があります!

    そうだとしたら、パリは「花の都」ではなく、「太陽の都」になりますね(笑)。

     

     

    パリ郊外にあるシャルトル大聖堂は、この研修で最大のミッションがありました。

    シャルトル大聖堂は別称「マリアの宮殿」と言われるように、聖母マリアに捧げされた教会です。

    しかし、かつては古代ケルトのドルイドの神官たちが、偉大なる自然を讃えた聖地の中の聖地でした。

    また、同時に太陽崇拝の重要な拠点でもありました。

    この大聖堂が建設されたとき、同時に古代の聖地の記憶も留まるよう、ある仕掛けが施されました。

    聖堂内にある176枚のステンドグラスのうちの1つから、夏至の陽が差し込み、その位置を示します。

    そこは聖なる祭壇があった場所でした。

    古代ケルトでは、各地からドルイド僧がこの聖地に集まったと言います。

    その当時を再現するかのように、同行した生徒さんたち全員で、その祭壇を囲んでお祈りをしました。

     

     

    パリ市内もいくつかの教会を訪れましたが、当然ながら教会ができる以前は古代からの聖地です。

    多くのキリスト教徒はかつてそこは異教の聖地であることを知りません。

    しかし、連綿として聖地での祈りは捧げられます。

    結局、聖地での祈りは、時代のズレはあったとしても、同じ場所で宗派を超えて行われています。

    本来の聖地とは、宗派など関係なく、誰でも祈ることができたことでしょう。

    そして、その一角に大事な聖域があり、それは厳重に管理されてきたのでしょう。

     

     

    世界遺産にも登録されているモン・サン・ミッシェルは、行ってみて分かったのですが、スゴイところでした。

    島全体が本当に聖地です。

    正確に言うと、教会が建っている岩山は、いわゆる「磐座(いわくら)」と呼ばれるものです。

    敏感な人なら、のんきに観光していられません!

     

     

     

    最終日の自由時間、パリの聖地を巡行しよう…と地下鉄に乗ったのですが、とある駅で電車が運転されなくなりました。

    仕方なく電車を降りて、徒歩で次の目的地であるシテ島(女神の聖地)へ行くことにしました。

    その道中、偶然にも神殿騎士団の本部が置かれていた場所を通りかかり、また錬金術師二コラ・フラメルの家の横を通り(笑)。

    さらには、錬金術の奥義が秘められているというサン・ジャックの塔に行き当たりました(笑)。

    ちょうど昼だったので、塔の前のカフェでランチをしましたが、前世は神殿騎士団だったのか、錬金術師だったのか…と思いを馳せました(笑)。

     

     

     

    今回のフランス研修では、準備する段階から、本当に多くの気づきがありました。

    第一にテロの心配がありました。

    折しも、イスラム世界ではラマダンという断食月に当たり、テロの予告がありました。

    さらには150年の観測史上初の降水量で大洪水を起こしたセーヌ川など、不安定な天候の心配もありました。

    そして6月はサッカーのヨーロッパ大会がフランスで開催されるということで、混乱も予想されました。

    ついでながら、予告もなく発生するフランス名物のストライキの心配も常にありました。

    申し込む時や出国するまで、そして道中もいろいろと考えたり、不安もあったことと思います。

    仕事や家族などのことで、今回の研修への参加を断念した方もいらっしゃいます。

    このような状況の中、一緒にご同行いただいた皆様には本当に感謝しております。

    お蔭さまで、大きな滞りもなく、スーパー添乗員さん・各地のガイドさんもお助けもあって、奇跡的にスムーズに研修旅行できました。

    また、非常に細かいリクエストに応えていただいた日本旅行・関西企画旅行支店の阿知波さまにも感謝申し上げます。

     

     

    今回は普通の旅行ではなく、祈りと変容を目的としたものです。

    参加者の中には、行く前から状況が変わってきた方もいるでしょう。

    また、道中でいろいろな気づきがあったことと思います。

    そして、これからの人生のある瞬間に、きっと思い出すことがあるだろうと思います。

    多くの皆様のご理解をもちまして研修を無事に達成することができたこと、大変嬉しく思います。

    これからも、ますます精進し、魅力ある講義を開催して参りたく思います。

     

     

     

     ===

     

    【拡散希望】《21時 祈りの和》

     

    被災地の皆様、関係者様に対して心よりお見舞い申し上げます。

     

    実は他の地域でも、地震を懸念する声があがっています。

    地鎮と平安の祈りで、和らげたいと思います。

    祈りのチカラは心を合わせることで、強まります。

     

    ◎【毎日21時】に平安の祈りをします。

     

    皆様と心合わせます。

    どうぞよろしくお願いいたします。

     
     

    【7月のセミナー/ワークショップ】

    ・5日(火) 食で癒す「一汁三菜セラピスト」養成コース中級 宝塚料理教室 第7回:滋養食 高齢者アレンジ
    ・5日(火) 食害と除毒の理論編・第2期「崩食の予言〜食の危機に備える〜」 第7回:遺伝子組み換え鮭
    ・10日(日) 食で癒す【食害と除毒の理論編】西宮教室 集中講座 第1日:食品添加物の実体
    ・17日(日) ヘルメス密儀スペシャル講座【マグダラのマリアの秘儀と古代宇宙論】 第1回:マグダラ福音書
    ・17日(日) 女性のためのハーブセラピー第2弾【月と共鳴する3つの女性サイクル】 第1回:おとめケア
    ・19日(火) 食で癒す「一汁三菜アドバイザー」養成 初級 宝塚料理教室 第7回:副菜 サッともう一品
    ・19日(火) 気づきのアストロロジー「出生チャート」を読む会  引き寄せの源・コンジャンクション
    ・20日(水) タロット【小アルカナ・マスターコース】平日水曜 西宮教室 第1回:小アルカナの基礎マスター
    ・20日(水) 野菜のチカラを引き出す「季節の食養生」 高砂・加古川教室 大豆
    ・20日(水) 星占いサロン第3段☆肉体は宇宙の似姿♪【12星座のからだ編】 しし座:玉座のチカラ
    ・24日(日) マルセイユタロット中級【対人リーディング習得コース】日曜教室 第7回「セッションの使命」
    ・27日(水) アストロロジー中級【7惑星の心のチカラ編】西宮水曜教室 第7回:土星 人生のゴール
    ・27日(水)  アロマセラピー【精油の化学】高砂教室 第1回:無機化学

     


    【新規講座・ワークショップ】

    7月10日(日)〜 食で癒す【食害と除毒の理論編】西宮教室 集中講座 食の安全を確保しよう!
    ・7月17日(日)〜 ヘルメス密儀スペシャル講座【マグダラのマリアの秘儀と古代宇宙論】 グノーシス
    ・7月17日(日)〜 女性のためのハーブセラピー第2弾【月と共鳴する3つの女性サイクル】箕面ゆいまるさん
    ・7月19日(火) 気づきのアストロロジー「出生チャート」を読む会  引き寄せの源・コンジャンクション
    ・7月20日(水)〜 タロット【小アルカナ・マスターコース】平日水曜 西宮教室 夢を現実化させる小アルカナ
    ・7月20日(水) 星占いサロン第3段☆肉体は宇宙の似姿♪【12星座のからだ編】 しし座:玉座のチカラ
    ・7月27日(水)・8月10日(水)・8月24日(水)  アロマセラピー【精油の化学】高砂教室 全3回 本気のセラピスト

    ・8月24日(水)〜 アストロロジー中級【内と外の照応 プロジェクション・チャート】 
    ・8月24日(水) 星占いサロン第3段☆肉体は宇宙の似姿♪【12星座のからだ編】 おとめ座:腹積もり
    ・8月28日(日)〜 タロット【小アルカナ・マスターコース】日曜日 西宮教室 小アルカナを本格的に使いこなす

    ・9月14日(水)〜 ヘルメス密儀スペシャル講座【マグダラのマリアの秘儀と古代宇宙論】 平日第2水曜日

     


     ・個人健康カウンセリング セルフケアのための「ハーブセラピー・カウンセリング」 
     ・個人健康カウンセリング 「食養生カウンセリング」/「ナチュラル・デトックス・プログラム」

     ・個人レッスン/準個人レッスン(2〜3人) 自分のための「気づきのアストロロジー」 西宮教室 自分のペースで
     ・個人レッスン/準個人レッスン(2〜3人) 自分のための「気づきのソウルカード」 西宮教室 自分のペースで
     ・各種セラピーや講座の個人レッスン/準個人レッスン(2〜3人)も承ります。







    セミナーやワークショップの開催情報は、セラピースクール「シーズ」のHPをご覧ください。

    | NRC自然療法研究所 | 【所長山根康児の頭の中】 | 22:09 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
    こんにちわ
    ちょっと前に先生達とエジプトに行くヴィジョンをみたので次はエジプトかなと思っていました
    エジプトにいくことになったらよろしくお願いいたします♪
    | 尾坂 | 2016/06/30 1:02 PM |
    コメントする


    この記事のトラックバックURL
    http://blog.ism-21.com/trackback/1059911
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>

    bolg index このページの先頭へ