blog index

NRC自然療法研究所ブログ【ハルモニエ】

【蘇生】【共生】【育生】
人が本来持っている「自然治癒力」を高め、自然とバランスよく生きるための「自然療法」を皆様と共に学んでいきます!
セラピースクール「シーズ(Seeds)」にて、セミナーやワークショップを開催しています。
<< 聖地で行われる神殿瞑想 高野山ワークショップ2017【内なるタロット 〜時空を超えた自分に出逢う♪〜】 | main | 世の喧噪を離れて生まれ変わる >>
夢のお告げをいただく
0

    夢のお告げをいただく

     

     

    神殿瞑想が行われる聖地は、特殊空間だとお話しました。

    そこではしばしば瞑想やそれに準じる修行が行われました。

    私が関西エリアで神殿瞑想をするならば、真っ先に2つの聖地を挙げます。

    1つは高野山、そして、もう1つは長谷寺(奈良県桜井市初瀬)です。

     

    『更級日記』には次のような長谷寺にまつわる興味深い話があります。

    筆者の母が娘(自分)の幸せな未来を願い、長谷寺へ夢のお告げを授かりに行かせるという話です。

     

    「母は一尺の鏡を鋳造させ、母の代わりに僧を代拝させ、私を初瀬に詣でさせる事にしたらしい。

    そして、『なんとしても娘の未来をこの鏡に映し出していただけるよう、しっかり御祈念して下さい。

    三日間は滞在して娘の将来を夢に見せていただくのです』と僧に言っている。

    その間、私にも精進するように母から言いつけられた。」

     

    以上、普通に読めば面白味のない逸話です。

    娘の結婚などを心配する親のお節介にややキレ気味の日記の内容です(笑)。

    しかし、よく読むと、ただお告げを貰いに行かせたのではありません。

    30cmほどもする大きな鏡をオーダーメイドし、一人では行かせないで僧侶同伴にします。

    そして、お告げは夢を通して得られるというものです。

    こころをうつす「鏡」と、それをサポートする「先達」、そして「夢」が揃いました!

    あとは、長谷寺が特殊空間であれば完璧ですね。

    実際、長谷寺へお参りしたことがある方で、敏感な方であれば、気が付くはずです。

    長谷寺の一帯が太古より巨石崇拝が行われた神聖な空間になっています。

    それゆえ、仏教伝来したのちは、長谷寺が祀られることになったのでしょう。

    上記のとおり長谷寺は、神殿瞑想をするに十分な条件を満たしています!

     

     

    そして、同様に高野山も神殿瞑想にふさわしい聖地です。

    以前より、高野山は「錬金術の聖地」であるとお話してきました。

    錬金術には大きく2つの系統があります。

    1つは、物質的な錬金術で、黄金の精錬などの技術はのちに化学へ発展します。

    もう1つは、精神的な錬金術で、「こころの錬金術」とも言います。

    こころを変容させ、より高次のものと一体化することを目指します。

    そのための修行体系として、曼荼羅を観想しながら瞑想するなどさまざまな方法が存在します。

    ちなみに、高野山では金鉱石が採掘され、精錬に必要な水銀も確保できます。

    高野山は物質的な意味でも、精神的な意味でも、錬金術を実践できる道場でした!

     

    今年のゴールデンウィークに開催する高野山ワークショップでは神殿瞑想をします!

    長谷寺では鏡を、そして高野山では曼荼羅などを用いました。

    当ワークショップでは、タロットカードを用います。

    私はタロットセミナーでいつもお伝えしているのが、「タロットはこころの鏡」ということです。

    そして、それと同時に、タロットカードは別の世界につながる「まと」だからです。

     

     

     

     

     

    高野山ワークショップ2017【内なるタロット 〜時空を超えた自分に出逢う♪〜】

    高野山合宿

    【日 時】 5月3日(祝)〜4日(祝) 1泊2日合宿

    【会 場】 高野山別格本山 南院

    【受講料】 ¥35,000(ワークショップ料金・宿泊費・税込)
    ※3日夕食、4日朝食・昼食付き(全て精進料理)

    【内 容】 古代エジプト、古代メソポタミア、古代ギリシャ、古代ローマ、中世のフランスやイタリア、スペインなどのヨーロッパ、古代インドや中国、朝鮮、日本では縄文時代から現在、そして未来へと、時の流れは悠久で、世界は広いです。 
     私たちの記憶には2通りあります。 1つは意識して思い出せる記憶、もう1つは意識のフィルターから漏れて無意識の領域に眠っている記憶。 無意識に眠る大事な記憶を取り戻すカギがタロットカードです! 無意識の世界には時間や空間の仕切りがありません。 つまり、無意識の世界には過去も未来も眠っています。 過去のものをだけを記憶と考えがちですが、未来も存在します。 時間を空間を超えていろいろなものを見せてくれるのが「こころ」です。 「こころは別の世界につながる窓」です。  永遠と世界に遍在する記憶、無尽蔵の自分の心に光を当てます。 聖地・高野山のチカラをお借りして、タロットと内なる旅にでましょう!

     春と秋と対となる「結縁潅頂」にも参列します♪ 聖地・高野山で祈りのときを過ごしましょう♪

    ☆ワークショップで体験すること☆
     ・タロットのマト 古代密儀の系譜
     ・内なるタロットワーク 22の出逢い
     ・時間と空間を越えた「自分」 他

    【お申込みフォーム】

     

     

     

    【4月のセミナー/ワークショップ】

    ・23日(日) タロット【小アルカナ・マスターコース】日曜日 西宮教室  第9回:宮廷カード編4 騎士のチカラ
    ・26日(水) アストロロジー中級【エレクショナル占星術・実習編】 第2回目:時機占い実占

     

    【5月のセミナー/ワークショップ】

    ・3日(祝)〜4日(祝) 高野山ワークショップ「内なるタロット〜時空を超えて自分と出逢う♪〜」
    ・14日(日) 食で癒す「一汁三菜アドバイザー」養成 初級 西宮集中講座 第3日目:副菜・副々菜・酵素
    ・16日(火) ハーブ&やさい薬膳♪料理教室 宝塚 健脳ハーブで快眠&覚醒 不眠・神経症・うつ
    ・16日(火) 気づきのアストロロジー「出生チャート」を読む会  特殊なアスペクト:現実化の作用
    ・17日(水) タロット【小アルカナ・マスターコース】平日水曜 西宮教室 第11回:総合リーディング編1
    ・17日(水) 星占いサロン第4弾☆アストロ・パワー・フード【12星座の食べ物編】 ふたご座のアストロ・フード
    ・21日(日) アストロロジー初級コース【7惑星と12サイン】西宮教室 第2回:太陽サイン
    ・24日(水) アストロロジー中級【エレクショナル占星術・実習編】 第3回目:時機占い実占
    ・28日(日) タロット【小アルカナ・マスターコース】日曜日 西宮教室  第10回:宮廷カード編5 リポジション


    【新規講座・ワークショップ】

    ・5月3日(祝)〜4日(祝) 高野山ワークショップ「内なるタロット〜時空を超えて自分と出逢う♪〜」
    ・6月3日(土) もはや伝説!37種のスパイスをブレンドしよう♪カレースパイスブレンド実践会
    ・6月10日(土) アストロロジー特別お星さまワークショップ【2017年下半期の星のリズム☆プラネット運行】
    ・6月14日(水) アストロロジー特別お星さまワークショップ【2017年下半期の星のリズム☆プラネット運行】

    ・7月9日(日)〜 食で癒す「一汁三菜セラピスト」養成 中級 西宮集中講座
    ・7月19日(水)〜 タロット大アルカナ【ヘルメスの天秤♪ポーラリティー・リーディング】

     


     ・個人健康カウンセリング セルフケアのための「ハーブセラピー・カウンセリング」 
     ・個人健康カウンセリング 「食養生カウンセリング」/「ナチュラル・デトックス・プログラム」

     ・個人レッスン/準個人レッスン(2〜3人) 自分のための「気づきのアストロロジー」 西宮教室 自分のペースで
     ・個人レッスン/準個人レッスン(2〜3人) 自分のための「気づきのソウルカード」 西宮教室 自分のペースで
     ・各種セラピーや講座の個人レッスン/準個人レッスン(2〜3人)も承ります。







    セミナーやワークショップの開催情報は、セラピースクール「シーズ」のHPをご覧ください。

    | NRC自然療法研究所 | 【所長山根康児の頭の中】 | 08:46 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
    コメントする


    この記事のトラックバックURL
    http://blog.ism-21.com/trackback/1060075
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << April 2017 >>

    bolg index このページの先頭へ