blog index

NRC自然療法研究所ブログ【ハルモニエ】

【蘇生】【共生】【育生】
人が本来持っている「自然治癒力」を高め、自然とバランスよく生きるための「自然療法」を皆様と共に学んでいきます!
セラピースクール「シーズ(Seeds)」にて、セミナーやワークショップを開催しています。
<< お心遣いありがとうございます。祈りと感謝に心つけたいと思います。 | main | 【21時の平安の祈り】 >>
【夏至のお日さまに感謝しよう♪プロジェクト2018】守り支えられていることへの祈りと感謝
0

    【夏至のお日さまに感謝しよう♪プロジェクト2018】

     

    6月21日(木)に夏至迎えます。

    夏至は太陽が蟹座に移行した瞬間をいいます。

    伝統的に蟹座は「守り支えるもの」を司ります。

    家や大地など、いつもは当たり前に支えて守ってくれるものに改めて感謝するときです。

    また、「安らぎ」と「平常心」を与えてくれるサインでもあります。

    つつがなく暮らせることに感謝し、それが続くようにお祈りする日です。

     

    また、日本を含め北半球では、夏至の日には昼がもっとも長く、夜がもっとも短くなります。

    三重県の二見浦では夫婦岩の間から富士山を拝めますが、夏至前後には夫婦岩の間から朝日が昇ってくるのを拝めます。

    二見浦沖合いの海中には興玉神石(沖の石)があり、古来、沖の石は常世の国から神が寄りつく聖なるところといわれ、夫婦岩はその鳥居と見なされていました。

    島根県松江市の加賀の潜戸(くけど)では、夏至の頃、的島の辺りから黄金色に輝く朝日が昇り、「黄金の矢」の様な光が洞窟内に射し込むと伝えられています。

    夏至の朝日が昇る方角、夕日が沈む方向は、各地にある聖地を結ぶ神聖な光のラインとなります。

    古来、夏至には太陽をおまつりする盛大な祭祀や儀式、行事が世界各地で執り行われました。

    フランスのシャルトル大聖堂、サント=マドレーヌ大聖堂、シャンゼリーゼ通り、カルナック列石なども夏至の太陽と関わります。

     

     

    夏至は、いのちの源であるお日さまに感謝し、一年の無事を祈る、とても大切な日です。

    感謝の心は「健やかに生きる」基本です。

     

    弊所では、お日さまに心を向けていただきたく【夏至のお日さまに感謝しよう♪プロジェクト】を毎年ご案内しています。

    プロジェクトといっても、とても簡単です。

    古えにならい、夏至に皆さまと心あわせて「お日さま」に感謝の心をおくります。

     

    日本では梅雨の時季にあたりますが、「お日さま」に感謝の心をこめることはできます。

    とてもシンプルなことですが、ずっと受け継がれてきた「お日さま」のお祭りを続けていきましょう♪

     

    お日さまに心をむけるタイミングは色々とありますが、いくつかご提案いたします。

     

    まずは日の出と日の入。

    地域によって日の出・日の入の時刻は変わりますが、当スクールのある西宮では、日の出は4時46分頃、日の入は19時16分頃です。

    正午も太陽がほぼ南中するため、心をつけやすいタイミングです。

     

    地球からみて太陽が夏至点に到達するときもおススメです。

    今年は19時07分(日本時間)がまさにその瞬間です。

    太陽と地球とが共鳴する音叉を用いるのも一つです。

     

    もちろん、これらのタイミング以外でも「このとき!」と感じる瞬間を大切にしてください。

     

    また、夏至と対となる冬至(今年は12月22日)を意識することもお勧めします。

    元々、夏至の日にはお日さまからの恩恵・エネルギーを預かり、冬至の日にお日さまが再生するようお還しする祭祀が執り行われました。

    冬至から夏至までつつがなく暮らせたことに感謝し、次の冬至まで健やかに暮らせるように祈ることができます。

     

    因みに、夏至の朝日に向かうと、背中はおおむね冬至の夕日の方角に向きます。

    夏至の夕日に向かうと、背中はおおむね冬至の朝日の方角に向きます。

     

    他にも、夏至の日には地域の慣わしやイベントもあります。

     

     タコ、イチジク、新小麦の焼もちなど、特別なものをお供えてから戴く

     一枝のアジサイを紅白の水引で結び、台所やトイレに吊るすと金回りがよくなる、病気の心配をしなくてよい

     火に日を見立ててキャンドルを灯す

     

    曇天・雨天でも太陽が地平線上にあがるのは分かります。

    地球で生きる私たちにとって、それだけお日さまの影響はとても大きいといえます。

    お日さまに感謝の心を向けましょう♪

     

     

    【6月のセミナー/ワークショップ】

    ・20日(水) タロット特進クラス【シンボルリーディング・動物編】 ライフサポートのチカラ・前半
    ・20日(水) 星占いサロン第5弾☆言葉のチカラ【12星座の口癖あるある!】 かに座の口癖☆あるある
    ・26日(火) アストロロジー初級コース【7惑星と12サイン】平日火曜 西宮教室 第6回:チャートの全体像
    ・27日(水) アストロロジー星を究める会【神秘の月を究めよう♪編 第4回:運命の引寄せ「ドラゴン」前半
    ・24日変更⇒30日(土) タロット大アルカナ【ヘルメスの天秤♪ポーラリティー・リーディング】 第11回:振り子

     

    【新規講座・ワークショップ】

    ・6月20日(水)〜 タロット特進クラス【シンボルリーディング・動物編】 全2日  

     

    ・7月24日(火) アストロロジー特別WS【12サインのカラーワーク】 心と体でチャージする12星座のエナジー

     

    ・8月15日(水)・9月19日(水) タロットセラピー【ヘルメス・テクニック】 意識と無意識の間に光を当てる♪
    ・8月19日(日)〜 アストロロジー初級【星のカタチ☆アスペクト編】 7惑星の各アスペクト


     ・個人健康カウンセリング セルフケアのための「ハーブセラピー・カウンセリング」 
     ・個人健康カウンセリング 「食養生カウンセリング」/「ナチュラル・デトックス・プログラム」

     ・個人レッスン/準個人レッスン(2〜3人) 自分のための「気づきのアストロロジー」 西宮教室 自分のペースで
     ・個人レッスン/準個人レッスン(2〜3人) 自分のための「気づきのソウルカード」 西宮教室 自分のペースで
     ・各種セラピーや講座の個人レッスン/準個人レッスン(2〜3人)も承ります。







    セミナーやワークショップの開催情報は、セラピースクール「シーズ」をご覧ください

    | NRC自然療法研究所 | 【加納寛隆のつれづれ】 | 09:22 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
    コメントする


    この記事のトラックバックURL
    http://blog.ism-21.com/trackback/1060299
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>

    bolg index このページの先頭へ