blog index

NRC自然療法研究所ブログ【ハルモニエ】

【蘇生】【共生】【育生】
人が本来持っている「自然治癒力」を高め、自然とバランスよく生きるための「自然療法」を皆様と共に学んでいきます!
セラピースクール「シーズ(Seeds)」にて、セミナーやワークショップを開催しています。
<< お星さまコーチング 星占いサロン星座の秘密の関係【12星座の仲間たち】 | main | 2018年も大変にお世話になり、ありがとうございます >>
【冬至のお日さま復活プロジェクト2018】と【蟹座の満月】
0

    【冬至のお日さま復活プロジェクト2018】と【蟹座の満月】

     

     

    本年12220723分に「冬至」を迎えます。

    翌日12230249分に蟹座で満月を迎えますが、日本では前夜から満月の兆しを受け取れます。

    ということで、今年はなんと、冬至と満月が重なります!

    蟹座の満月は、国民(おほみたから)として支えられていることに感謝します♪

    家族を想う、地域を大切にする、「守られているものを守る」と決めるとよいタイミングです。

     

    「冬至の日」は日本をはじめ北半球では一年のうちでもっとも昼が短く、太陽のチカラが弱くなると同時に、チカラを盛り返す「復活」のときです。

    そのため、古くはどの国どの地域でも「太陽の復活祭」を行い、一年間の太陽の恵みに感謝し、次の一年も無事に太陽が廻ってくるように祈りました。

    日本の「鎮魂祭」、「新嘗祭」、「一陽来復祭」をはじめとする年末年始に執り行われる祭祀や行事は、もともと「太陽の復活祭」が源流にあります。

    また、「クリスマス」も古代ヨーロッパのケルト民族の祭祀、ペルシャやアナトリアのミトラ教の「冬至の太陽復活祭」が起源だとされています。

     

    永らく続いた大切な伝統を受け継ぎながら、私たちもそれぞれのライフスタイルや文化を活かして、いのちの源である「お日さまの復活」をお祝いしましょう♪

    題して、『冬至のお日さま復活プロジェクト2018』!

     

    【目的】 太陽に感謝と祈りの心をあわせ、新生のお祝いをします。

     お日さまは全ての「いのち」の源です。

     お日さまに心あわせることで、生かされていることに感謝します。

     

    【日時】 冬至(2018年は1222日)

     冬至の日をメインにしますが、クリスマスでも、大晦日でも、元旦でも、ご自分が「この日!このとき!」と感じるときにどうぞ。

    21日の夕日を見送り、22日の生まれ変わった朝日をお迎えするのもよいですね。

     

    【場所】 どこでも大丈夫

     ご自宅でも、オフィスでも、旅先でも、海外でも、どこでもお日さまに感謝できます。

     

    【手順】 お日さまに心をむけます。

     1) いのち、健やかさ、恵み、幸せなど、お日さまの恩恵に感謝をします。

     2) お日さまがいつも通りに輝くように、復活のお祈りをします。

     3) お日さまが復活したという想いを満たし、復活・新生のお祝いをします。

     

     こだわり派の方には、以下の「お日さま復活3アイテム」を揃えましょう。

     

     

    【火】 お日さまのように光やあたたかさを与えてくれる火

     伝統的に、冬至祭や正月には焚火、クリスマスにはキャンドルを用います。

     おけら参りや埋火、どんと焼きも有名です。

     古くは、地上で火をともすことで、お日さまの復活を応援すると考えました。

     火をともすことで、お日さまの恩恵を一層身近に感じることができます。

     ※火の扱いはくれぐれもお気をつけください。

     

    【常磐木(ときわぎ)】 真冬でも緑を失わない常緑樹

     伝統的に、冬至祭にはヒカゲノカズラやサカキ、クリスマスにはモミやヒイラギのリース、正月にはマツやシダ、ダイダイを用います。

     他にクスノキ、シキミ、スギ、ヒノキ、マキ、タチバナ、ナンテン、ツバキ、チャを用いる地域もあります。

     古代の人々は、真冬でも枯れない緑に神聖なチカラを感じ、その緑が太陽を癒すと考えました。

     自然に感謝して、各地の「常磐木」を用いましょう。

     

    【お祝いの食事】 お日さまの恵みと稔りに感謝する食事

     伝統的に、冬至祭にはカボチャやユズ、コンニャク、粥、クリスマスにはリンゴやナッツ、シュトーレンを食べます。

     日本では、餅や小豆、酒は欠かせません。

     古くは、全ての食事はお日さまの恵みとして、感謝していただきました。

     美味しい食事をめでて、楽しくいただきましょう。

     

     

    自然のリズムにあわせて、お日さまに心つけるとよいですね。

    お日さまの恩恵に感謝し、復活をお祝いしましょう♪

     

    また、冬至は ≪一年の計≫ を立てる大切なタイミングです。

    冬至には、太陽のように「当人とその周りが最大に輝く」ような明るい未来・一年後の理想的な姿・ビジョンを描きます。

    今回は特に、それを周りの人とシェアするとよいようです。

    ぜひ、素敵な冬至をお迎えください。

     

     

    【1月のセミナー/ワークショップ】

    ・6日(日)・7日(月) 幸招き♪【新春カモワンタロットセッション】 所長山根の寿ぎセッション
    ・9日(水) シンボルで癒すタロットセラピスト【対人リーディング習得コース】 第2回:霊性の光
    ・13日(日) かんたん!ハーブ&やさい薬膳 料理教室 西宮日曜クラス 集中講座 冷え/ストレス
    ・15日(火) ヘルシー♪アンチエイジング料理教室 宝塚ピピア売布 抗酸化1:細胞老化をゆるやかに
    ・15日(火) 気づきのアストロロジーグループレッスン【ルナサイン編】 心と現実をうつす鏡
    ・16日(水) タロット特進クラス【シンボルリーディング 道具編】 剣・楽器・杖
    ・20日(日) アストロロジー初級【星のカタチ☆アスペクト編】 第6回:火星と6惑星のアスペクト
    ・22日(火) アストロロジー初級コース【ハウス・カスプ編】平日火曜 西宮教室 第1回:自分・所有・交流のハウス
    ・23日(水) アストロロジー星を究める会【星影をうつす☆アンティスキア編】 第4回:コントラ・アンティスキア
    ・23日(水) 星占いサロン第6弾☆星座の秘密の関係【12星座の仲間たち!】 みずがめ座の仲間たち

     

    【新規講座・ワークショップ】

    1月15日(火)〜 ヘルシー♪アンチエイジング料理教室 宝塚 正しい食事法で老化を遅らせる
    ・1月22日(火)〜 アストロロジー初級コース【ハウス・カスプ編】平日火曜 西宮教室 ハウスのサインを読む

     

    ・2月10日(日)〜 ヘルシー♪アンチエイジング料理教室 + デトックス&ダイエット実践編 西宮教室
    ・2月20日(水)〜 タロット・サクセス専科【ビジネス・ライフワーク】コース タロットで仕事運・ビジネス開運
    ・2月23日(土)・24日(日)・3月23日(土)・24日(日) 東京 Holistic Care Lab.nanaichi さま出張 食害と除毒の理論編 2期 【崩食の予言〜食の危機に備える〜】

     

    ・3月27日(水)〜 アストロロジー星を究める会【時の魔法☆フィルダリア編】 古代アストロロジーの時機占い

     

    ・2019年9月予定 NRC海外研修旅行 トルコ「世界最古の神殿遺跡とアナトリアの太母神に出逢う♪」

     

     

    ・個人健康カウンセリング セルフケアのための「ハーブセラピー・カウンセリング」 植物の癒しのチカラ
    ・個人健康カウンセリング 「食養生カウンセリング」/「ナチュラル・デトックス・プログラム」 食事や献立の見直し
    ・個人レッスン/準個人レッスン(2〜3人) 自分のための「気づきのアストロロジー」 西宮教室 自分のペースで
    ・個人レッスン/準個人レッスン(2〜3人) 自分のための「気づきのソウルカード」 西宮教室 自分のペースで
    ・各種セラピーや講座の個人レッスン/準個人レッスン(2〜3人)も承ります。





    セミナーやワークショップの開催情報は、セラピースクール「シーズ」をご覧ください

    | NRC自然療法研究所 | 【加納寛隆のつれづれ】 | 07:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
    コメントする


    この記事のトラックバックURL
    http://blog.ism-21.com/trackback/1060386
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << March 2019 >>

    bolg index このページの先頭へ