blog index

NRC自然療法研究所ブログ【ハルモニエ】

【蘇生】【共生】【育生】
人が本来持っている「自然治癒力」を高め、自然とバランスよく生きるための「自然療法」を皆様と共に学んでいきます!
セラピースクール「シーズ(Seeds)」にて、セミナーやワークショップを開催しています。
<< ものごとには時機(チャンス)がある!アストロロジー星を究める会【時の魔法フィルダリア編】 | main | 【2019年3月の惑星イングレスと星のメッセージ】 >>
祈りは「こころのテクノロジー」5月3日・4日高野山ワークショップ「日の巫(みこ)・祝(はふり)の祈り」
0

    祈りは「こころのテクノロジー」

     

    毎年、ゴールデンウィークに開催している恒例の高野山ワークショップ。

    なんと!今年で15回目を迎えます!

    「継続は力なり」という言葉がありますが、本当にパワーが必要なワークショップです(笑)。

    毎回テーマが変わりますが、今年はやはりこのタイミングを見逃すわけにはいきません!

    4月末日で今上天皇陛下がご退位され、5月から現皇太子殿下が新天皇としてご即位されます。

    そして、元号も改まり、新しい時代の幕が開きます!

     

    さて、今回の改元は、ご譲位によるものなので、新元号はなにか?と話題になっています。

    日本最初の元号は「大化」です。

    学生時代に「大化の改新」として耳にしたことがあるでしょう。

    大化以来、日本は元号を定めてきました。

    ここで重要なことは、いずれの元号にも祈りが込められているということです。

    元号を定めると、天皇陛下の元、その時代と国土を守る祈りの力が発動します。

    そのような祈りのシステムが、現代まで受け継がれていることに感謝と感動を覚えます。

     

    さて、話を本題に戻します。

    今回の高野山ワークショップは、この改元のタイミングに重なります。

    ということで、「祈り」をテーマとして掲げます!

    祈りは「こころのテクノロジー」です。

    テクノロジー、つまり技術なので、祈りには原理があります。

    技術は適切な方法を繰り返して習熟することで、身につけられます。

     

    悠久の昔から祈りは行われてきました。

    そして、よりよい祈りが組み立てられ、祈りのシステムを生み出しました。

    祈りのシステムは世界各地にみられます。

    今回のワークショップでは、日本だけではなく世界各地の祈りのシステムを取り上げます。

    そこから見えてくる、祈りの技術を、皆さまと一緒に学び合いたいと思います。

    以下の日程で高野山ワークショップを開催します!

     

    53日(祝)・4日(祝)

    高野山ワークショップ2019

    「日の巫(みこ)・祝(はふり)の祈り」

    安全な祈りの継承をこころがけましょう!

     

    高野山ワークショップ2019 【日の巫(みこ)・祝(はふり)の祈り】 精進料理♪

     高野山合宿

     

    【日 時】 5月3日(祝)13時〜5月4日(祝) 1泊2日

     

    【受講料】 ¥33,000(ワークショップ料金・宿泊費・税込)
     ※初日夕食(精進料理)、二日目朝食・昼食付き
     会場にて現地集合・解散です。 交通費は各自ご負担願います。

     

    【内 容】 新しい御代を迎え、時代の変わり目となる本年。
     
    2019年の高野山ワークショップは ≪祈りの継承≫ がテーマです!

     輝く太陽、夜照らす月、永遠の星に祈る人がいます。 清らかな火、聖なる泉、鎮守の森、悠久の磐座に祈る人もいます。 祖霊、諸仏、神々に祈る人もいれば、ひとつの信仰を守る人もいます。 一言で『祈り』と言っても、その目的やスタイル、大きさは様々です。 しかし、『祈り』は特殊な人だけのものではなく、人類にとって普遍的な営みです。

     心のテクノロジーである ≪祈りのシステム≫ は、連綿と受け継がれながら、時代の移り変わりによって再構築されます。 残念なことに、エッセンスが伝わらずに ≪祈りのシステム≫ が変更されることがあります。 例えば、聖地エリア内で最も祈りが通じやすいセンターが、神殿建築の際にずれることがあります。 拝殿や至聖所が「祈りのセンター」と一致するとは限りません。

     

     タロットで絵解きしながら、地元の聖地をお参りするときはもちろん、諸外国の聖地を巡礼するときにも役立つ、祈り方のポイントをお伝えします。 日本の神社仏閣だけではなく、世界最古12,000年前の神殿ギョベクリ・テペ遺跡なども例にあげて解説します♪ 日本の偉大さ、そして世界の ≪祈りのシステム≫ に感動します! セラピーや占いに携わる方は特に、自他を守る、安全な祈り方を心得ましょう♪

     

    ☆ワークショップで体験すること☆
     ・祈りの時  日と月のリズム 平時と臨時 兆しとタイミング
     ・祈りの場  聖地と地脈 律令国の一宮システム 方位と形の共鳴
     ・祈りのポート  祈りの中継点 斎庭 時間的・地理的・階層的なつながり BP記録更新

     ・祈りのシステム  天と地と人の「太陽祭祀」
       日本の常若 ギョベクリ・テペ遺跡の悠久
     ・祈りの人  橋渡し  聖俗の垣根 祈り3ステップ 安全性
     ・時代の祈り  新時代の祈り タロット占い

     ※「結縁潅頂」登壇ご希望の場合は、ご一報ください。

     

    【お申込みフォーム】

     

     

     

     

    【3月のセミナー/ワークショップ】

    ・10日(日) ヘルシー♪アンチエイジング料理教室 + デトックス&ダイエット実践編 抗酸化1&自然なサイクル
    ・13日(水) シンボルで癒すタロットセラピスト【対人リーディング習得コース】 第4回:責任の範囲
    ・17日(日) アストロロジー初級【星のカタチ☆アスペクト編】 第8回:土星と6惑星のアスペクト
    ・19日(火) ヘルシー♪アンチエイジング料理教室 宝塚ピピア売布 抗糖化1:老化を促進!高血糖
    ・19日(火) 気づきのアストロロジーグループレッスン【ルナサイン編】 心と現実をうつす鏡
    ・20日(水) タロット・サクセス専科【ビジネス・ライフワーク】コース 第2回:夢と現実の歯車
    ・20日(水) 星占いサロン第6弾☆星座の秘密の関係【12星座の仲間たち!】 おひつじ座の仲間たち
    ・26日(火) アストロロジー初級コース【ハウス・カスプ編】平日火曜 西宮教室 第3回:対人・性死・哲学のハウス
    ・27日(水) アストロロジー星を究める会【時の魔法☆フィルダリア編】 昼と夜のフィルダリア

     

    【新規講座・ワークショップ】

    3月27日(水)〜 アストロロジー星を究める会【時の魔法☆フィルダリア編】 古代アストロロジーの時機占い

    ・4月21日(日)〜 アストロロジー初級コース【ネータルチャート完結編】日曜 西宮教室 完全無欠リーディング

    ・5月3日(祝)・4日(祝) 高野山ワークショップ2019 【日の巫(みこ)・祝(はふり)の祈り】 安全な祈りの継承
    ・5月14日(火)〜 アストロロジー初級【インターセプト★マジョリティー編】火曜 西宮教室 星のポーラリティー

    ・5月15日(水)〜 タロット特別講座 【色のシンボリズム】 色彩に秘められたパワー
     

    ・6月1日(土) もはや伝説♪カレースパイス・ブレンド実践会【39種のスパイスをブレンドしよう!】

     

    ・9月中下旬予定 NRC海外研修旅行 トルコ「世界最古の神殿遺跡とアナトリアの太母神に出逢う♪」

     

     

    ・個人健康カウンセリング セルフケアのための「ハーブセラピー・カウンセリング」 植物の癒しのチカラ
    ・個人健康カウンセリング 「食養生カウンセリング」/「ナチュラル・デトックス・プログラム」 食事や献立の見直し
    ・個人レッスン/準個人レッスン(2〜3人) 自分のための「気づきのアストロロジー」 西宮教室 自分のペースで
    ・個人レッスン/準個人レッスン(2〜3人) 自分のための「気づきのソウルカード」 西宮教室 自分のペースで
    ・各種セラピーや講座の個人レッスン/準個人レッスン(2〜3人)も承ります。





    セミナーやワークショップの開催情報は、セラピースクール「シーズ」をご覧ください

    | NRC自然療法研究所 | 【カモワンタロット】 | 09:12 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
    コメントする


    この記事のトラックバックURL
    http://blog.ism-21.com/trackback/1060408
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>

    bolg index このページの先頭へ