blog index

NRC自然療法研究所ブログ【ハルモニエ】

【蘇生】【共生】【育生】
人が本来持っている「自然治癒力」を高め、自然とバランスよく生きるための「自然療法」を皆様と共に学んでいきます!
セラピースクール「シーズ(Seeds)」にて、セミナーやワークショップを開催しています。
<< おひつじ座のヒミツ!星占いサロン星座の秘密の関係♪【12星座の仲間たち☆!】 | main | 【春分のお日さまに感謝しよう♪プロジェクト2019】 >>
「土星」続ける理由と辞める理由
0

    続ける理由と辞める理由

     

    先日、アストロロジーの手法の要の一つ「アスペクト」を学ぶコースが終了しました。

    アスペクトはチカラを与えてくれる惑星同士の関わりを読みます。

    ネータルチャート(出生ホロスコープ)でも基礎となる7惑星と5種類のアスペクトの総組み合わせを学びました。

    同じ惑星であっても、アスペクトの種類が変わることで、チカラの与え方や影響の仕方、作用が変わります。

    ここがアスペクトの面白いところですが、人間関係でも立ち位置によって力学が変わるのと似ています。

    コースの最後は、やはり締めに相応しい「土星」のアスペクトをお伝えしました。

     

    土星は私たちに責任や慎みを教えてくれる大切な惑星です。

    また、継続するチカラと、ブレない軸を養ってくれます。

    素早く情報を選択し、スピーディーに結果を出す方がよいとされる時代には、重々しく堅苦しいものに見えます。

    しかし、例えば仕事上で信頼を築いたり、社会的な立場を確保したり、深い人間性を成熟させたりするには、不可欠なチカラを与えてくれます。

    人生100年時代には、無視できないものばかりです。

    特に、ものごとを続けるチカラは、どれだけ時代が移り変わっても、人間としての底力になるのではないでしょうか。

    仕事も稽古も、対人関係でも、何事も続けるには理由が要ります。

    また、辞めるにも理由が要ります。

    どちらも明確な言葉にならないとしても、理由があるから続け、理由があるから辞めることができます。

    表の意識で理由づけをしたとしても、深い心では別の理由をもっていると、どちらを選択しようとしてもスッキリとしないでしょう。

    気分や情報に刺激されてしまうと、辞める理由もはっきりさせずに、続けてきたことへの成果も汲み取れずに始末の悪いことになりかねません。

    本当に辞める理由が分かると、不思議にも辞めることに執着せずに、無理なく続けることもできます。

    ただ闇雲にやり続けるだけではなく、続けてきたことへの信頼と、自らの内に何が養われてきたかを味わうことが大事なのだと思います。

     

    さて、次回からアストロロジー初級コース【ネータルチャート☆完結編】を開催します♪

    アストロロジーを学び理由は人それぞれです。

    とりあえず面白そう、自分のことを知りたい、一緒に学ぶ仲間が楽しい、仕事に役立つ、リーディングやセラピーを通して貢献したい、兆しをキャッチしたい、宇宙の仕組みを体現したいなどなど。

    弊所のアストロロジー初級コースは、7惑星×12サイン編、ハウス編、カスプ編、インターセプト・マジョリティー編、アスペクト編と長いのですが、いよいよ完結編です!

    専門的な知識やテクニック、センスなどはもちろん、アストロロジーを通して、どのようなものを自分の中に養っているか、味わいながらご受講いただきたいと思います♪

    ネータルチャートのリーディングの仕方を学ぶだけではなく、アストロチャートの扱いについても学んでいただきます。

    こういった業界だからこそ、学んでおかなければならないことがあります。

    初級の完結編として、他の人のアストロチャートは当然、自分自身のアストロチャートの扱いも知るべきタイミングです。

    お楽しみに♪

     

    アストロロジー初級コース日曜【ネータルチャート完結編】 初級クラス

    西宮夙川(しゅくがわ)教室 チャート・リーディング

     

    【日 時】 4月21日(日)スタート 第3日曜日 10時〜17時 全4回
     4月21日(日)、5月19日(日)、6月16日(日)、7月21日(日)

     

    【受講料】 ¥15,000/1日講座(税込)

     

    【内 容】 天空の星々の影響のもと、私たちは地球に生を受けました。 星々からどのような恩恵やチャンスを与えられているか、地球での時間軸と方位の中でどのような条件や課題を受けているか、それを図式したものが【ネータルチャート(出生ホロスコープ)】です。  ≪天の青写真≫ としてのネータルチャートには、無数の可能性が秘められています。 ひとつのネータルチャートには、無尽蔵ともいえる膨大な情報が圧縮されています。 ネータルチャートにしるされた≪星の言葉≫ を分かりやすく通訳するには、知識だけではなく、全体と結びつける技術を養う必要があります。 また、問いや状況に応じて、 ≪星の言葉≫ を階層ごとに読み分けるテクニックも重要です。
     当コースでは、ネータルチャートの ≪星の言葉≫ を欠けることなく翻訳する、適切なリーディング手法の習得を目指します。 個性や人生の方向性など、全般的なリーディングをするケース、具体的な特定の問いをリーディングするケースなど、実践的なチャート・リーディングを学びます。 ネータルチャートのリーディングを完結させましょう♪

     

    【お申込みフォーム】

     

     

    【3月のセミナー/ワークショップ】

    ・19日(火) ヘルシー♪アンチエイジング料理教室 宝塚ピピア売布 抗糖化1:老化を促進!高血糖
    ・19日(火) 気づきのアストロロジーグループレッスン【ルナサイン編】 心と現実をうつす鏡
    ・20日(水) タロット・サクセス専科【ビジネス・ライフワーク】コース 第2回:夢と現実の歯車
    ・20日(水) 星占いサロン第6弾☆星座の秘密の関係【12星座の仲間たち!】 おひつじ座の仲間たち
    ・26日(火) アストロロジー初級コース【ハウス・カスプ編】平日火曜 西宮教室 第3回:対人・性死・哲学のハウス
    ・27日(水) アストロロジー星を究める会【時の魔法☆フィルダリア編】 昼と夜のフィルダリア

     

    【新規講座・ワークショップ】

    3月27日(水)〜 アストロロジー星を究める会【時の魔法☆フィルダリア編】 古代アストロロジーの時機占い

    ・4月21日(日)〜 アストロロジー初級コース【ネータルチャート完結編】日曜 西宮教室 完全無欠リーディング

    ・5月3日(祝)・4日(祝) 高野山ワークショップ2019 【日の巫(みこ)・祝(はふり)の祈り】 安全な祈りの継承
    ・5月14日(火)〜 アストロロジー初級【インターセプト★マジョリティー編】火曜 西宮教室 星のポーラリティー

    ・5月15日(水)〜 タロット特別講座 【色のシンボリズム】 色彩に秘められたパワー
     

    ・6月1日(土) もはや伝説♪カレースパイス・ブレンド実践会【39種のスパイスをブレンドしよう!】

    ・6月5日(水)・7月3日(水) 世界の秘儀シリーズ【地中海とアナトリアの古代祭祀・セラピーWS】トルコ裏ガイド
    ・6月11日(火) アストロロジーお星さまワークショップ【2019年下半期 星のリズムプラネット運行】 

    ・7月6日(土) ヘルシー!【魅惑のトルコ料理クッキング】ピピアめふ教室 スルタンの長寿食
    ・7月7日(日) 世界の秘儀シリーズ【地中海とアナトリアの古代祭祀・セラピーWS】トルコ裏ガイド 集中講座

    ・9月17日(火)夜発 NRC海外研修旅行 大トルコ【世界最古の神殿遺跡とアナトリアの太母神に出逢う♪】

     

     

    ・個人健康カウンセリング セルフケアのための「ハーブセラピー・カウンセリング」 植物の癒しのチカラ
    ・個人健康カウンセリング 「食養生カウンセリング」/「ナチュラル・デトックス・プログラム」 食事や献立の見直し
    ・個人レッスン/準個人レッスン(2〜3人) 自分のための「気づきのアストロロジー」 西宮教室 自分のペースで
    ・個人レッスン/準個人レッスン(2〜3人) 自分のための「気づきのソウルカード」 西宮教室 自分のペースで
    ・各種セラピーや講座の個人レッスン/準個人レッスン(2〜3人)も承ります。





    セミナーやワークショップの開催情報は、セラピースクール「シーズ」をご覧ください

    | NRC自然療法研究所 | 【加納寛隆のつれづれ】 | 07:44 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
    コメントする


    この記事のトラックバックURL
    http://blog.ism-21.com/trackback/1060426
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << April 2019 >>

    bolg index このページの先頭へ